おすすめ関係

2019年良かった書籍ベスト10

2019年もそろそろ終わりを迎えます!今年は平成から令和に変わった記念すべき年でしたね!
今年も独断と偏見による私が2019年に読んだ本の中で良かったもの10冊を書かせて頂きますので、よろしければご覧ください!
注:①~⑩は順位ではありません!

①脳科学マーケティング
これは2019年に発売された本ではありませんが、興味本位で購入して読んでみたら、内容がとても濃い!
たくさんマーケティングの本を購入して読みましたが、この本が一番分かりやすく内容も納得いくものが多かったです!

②しょぼい起業で生きていく
これはタイトルに惹かれて購入して読みました。著者のえらてんさんはYoutuberでは、毒舌で有名ですが、本の内容は本当に役に立つ発想が詰まっています。
起業しようと思っている人は勿論役に立ちますが、そうでない人もこの考え方は役に立つと思いました。

③天才を殺す凡人
読書中にうなずきすぎるくらい共感できる内容の本でした。この著者の視点はとても面白いです。
天才(創造性)、秀才(再現性/論理的)、凡人(共感性)。それぞれタイプで評価の軸が異なるため相互理解が難しいというところが、組織や社会を表していると思いました。

④新・魔法のコンパス
私はあまりがっつり自己啓発的な内容の本は買わないのですが、これは西野さんがあまりにも有名人なので興味本位で購入して読みました。
結果、言葉が読みやすいしコスパは良いですね!726円の内容ではないです(笑)。常識を疑うことは大事だと痛感させられた本でした。

⑤肩の力を抜く
柔術の話なんですが、セラピストにはお勧めの本です!あと東洋医学の要素を入っていますが、とても分かりやすく説明してあるので実践で使えるものが多いです!

⑥腎臓リハビリテーション入門
これは仕事で透析の方のリハビリを行う機会が多くなってきた為、必要にかられて購入しました!
ガイドラインはネットで無料で見れますが、分かりやすく腎臓リハビリの事がまとまっているので、腎臓リハビリの入り口としては良い本だと思います。

⑦働き方の損益分岐点
著者(木暮太一)のファンなので購入しました。過去の購入した本の内容と大きくかぶりますが、何度読んでも木暮さんの本は良いですね。
資本主義を分かりやすく説明してくれるし、仕事に対する考え方のヒントを与えてくれます!自分の仕事に迷っている方におススメ!

⑧人口で語る世界史
これはお客さん(利用者)
に紹介されて購入した本です。人口減少を歴史から紐解いていく本なので新鮮でした。
また、日本の人口減少について書かれてますが、アメリカ、イギリス、中国のことにも触れていているので、一冊で世界の情勢がわかる本です。

⑨FACT FULNESS
これは2019年の初めに話題になった本ですね!話題通り面白い本でしたね!
直感的な判断に身を任せず、きちんとその核心を追求し、データや経験に基づいたスジの通った判断を行う、ということが大事という内容です。セラピストの仕事にも通じる考え方だと思います。

⑩ジンドゥー AIビルダー WEBサイト作成
これはホームページ作成に辺り参考にした本です!以前のJimdoで職場のホームページを作成しましたが、AIビルダーはそれより数倍作成が楽になっています。
この本がなくても作成はできますが、本の説明が分かりやすかったので作成が円滑にいきました!自分でホームページを作成しようとしている人におススメです。

 

おわりに
2019年もたくさん読書をした記憶がありますが、印象に残ったのはこの10冊です!よろしければご参考下さい。
来年も本との良い出会いがあることを願います!
お勧めの本が何かありましたが教えて下さい!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です